カラオケで目立つ!歌が上手くなる裏技

これを知らなきゃ上手くならない歌知識

歌はまず知識が必要

低音、中音、高音、ウィスパーボイス、シャウト、スクリーム、ホイッスル、オペラから演歌まで様々な発声がありますが全て裏声を基盤として出すことが可能です。
では裏声とは何か。
それは音域が高いとか低いとか関係なく声帯が張って震えてない状態です。地声は声帯が振動している状態です。なので地声で歌うと喉が枯れます。歌は全て裏声で歌いましょう。
では低音の裏声とはどんな音か。それはベロを思いっきり下げながら出して胸を響かせるように声を出してみましょう。この時、力まずに自然に出します。ここで参考になるのはクレヨンしんちゃんのボーちゃんの声真似です。
低い裏声を出せるようになったら少しずつ音程を上げて行きましょう。音程を上げても 低い裏声の感覚は忘れてはいけません。
しかし、ただの裏声では歌としてはほとんど使えないので裏声にエッジボイスを足して声を硬くして、共鳴を足して声を太くすることが必要になります。
これにより喉に負担がかからない上に綺麗な声で出すことができ、声量のある発声を手に入れることができます。
なので発声の基礎は「裏声+エッジボイス+共鳴」となります。地声で歌うという発想は今すぐ忘れましょう。
実はジャンルによって色んな声がありますがこれは裏声とエッジボイスと共鳴の
それぞれの割合で出すことができます。
例えばバラードは「裏声強め、エッジボイス弱め、共鳴強め」、ロックミュージシャンは「裏声弱め、エッジボイス強め、共鳴弱め」、演歌は「裏声弱め、エッジボイス強め、共鳴強め」といった特徴が挙げられます。
また、ウィスパーボイスは「裏声全開、エッジボイスほぼ0、共鳴強め」、オペラは「裏声全開、エッジボイス0、共鳴全開」、シャウトやスクリームは「裏声弱め、エッジボイス全力、共鳴ほぼ0」となります。

全ての発声の基盤となるのは裏声

カラオケで歌ってるだけで上手くなる天才は稀にいますがほとんどは上手くなりません。良くて採点で高得点が狙えるくらいです。歌の上手さは音程やリズムだけではありません。 例を上げますと補正で完璧に当たっているアイドルと実力者であるがカラオケの点数が低い演歌歌手を聞き比べれば全く違うのがわかると思います。

発声練習と曲練習は分ける

歌が上手くなるには発声練習と曲練習の2つに分けて考えた方がいいと思います。 何故なら初心者は両方できてない人が多いからです。どちらも未熟な人に同時進行させるのは余程の天才でない限り上達しません。 なので最初は発声練習と曲練習に分けて少しずつ練習しましょう。

ミックスボイスとは

ミックスボイスという裏声と地声を混ぜる及び中間で出す発声法があるのですがバラードや高い声を出すためには欠かせないスキルです。 ではどうすればミックスボイスが出せるのか。実は地声と裏声を混ぜるという概念そのものが間違っているのです。それを説明したいと思います。