これを知らなきゃ上手くならない歌知識

>

全ての発声の基盤となるのは裏声

腹式呼吸ならぬ吹く式呼吸

よくボイストレーナーの方々が腹式呼吸の練習を教えるのですがほとんどがお腹に意識させるための練習ばかりで歌としては使えないものが多い。
何故なら初心者が腹式呼吸をしようとすると空気を吸い過ぎて逆に苦しくなったり、腹筋を動かすことばかりして肝心の横隔膜が機能していなかったり様々です。実は、肺の中には肺そのものが潰れないように既に空気が存在しています。歌う時は元々肺の中に入っているこの空気を使って歌を歌います。そして、息を吐き切ったところで力を抜くと一瞬で自然と空気が入ってきます。吸うというのはあまり意識する必要はないのです。
なので腹式呼吸において大事なのは吸うことではなく吐くことです。腹式呼吸ならぬ吹く式呼吸です。

腹式呼吸の姿勢

次に腹式呼吸する時の姿勢なのですが胸を張って横隔膜を下げるだけでいいのです。
よくお腹から声を出すように色んなボイストレーナーの方々が教えるのですが、これによって腹式呼吸を勘違いして腹筋を動かす方がいらっしゃいます。腹筋を使って歌を歌うのではなく横隔膜を動かすから腹筋もつられて動くのです。
あと、横隔膜を下げずに息を吸うと肩が上がって喉に負担がかかります。これは胸式呼吸といって歌を歌うには向いてない声の出し方です。なので歌は胸式呼吸ではなく腹式呼吸を使いましょう。
横隔膜を下げる方法としては手刀の形で手を肋骨の下に突き刺し、押し出すようにお腹に力を入れます。
よく言われる丹田を意識するというのはこのことであり、練習しなくてもすぐに意識できます。
なので腹式呼吸はこの呼吸法と姿勢を歌の中で維持することが重要であり、腹式呼吸を習得するための練習は必要ありません。


この記事をシェアする
B!